DTPデザイナー

DTPデザイナーとは DTPデザイナーは、名刺・チラシ・パンフレット・雑誌など、紙媒体のレイアウト・デザインを、DTPソフト使用して制作する職種です。
仕事内容としては、写真・イラスト・文字などの素材を使って、クライアントの希望する紙面用のデザイン制作を行います。
グラフィックソフトや編集ソフトを使いこなすスキルのほかに、デザイン理論や印刷の知識などが必要です。

これからのニーズ 雑誌や書籍などの出版業界や新聞業界は厳しいといわれています。しかし、年齢が上がるほど紙媒体で情報を得ている消費者は多く、チラシやパンフレット等は、未だ製品・サービスのPRに多く活用されています。また、自宅サロンや起業など、独立する人が増える中で、名刺・看板・横断幕等の需要は多くあります。業界全体の縮小によって大手企業にとって紙媒体は“冬の時代”ですが、今後も紙媒体がすべてなくなるということはなく、今後も紙媒体の需要は大きく見込まれています

DTPデザイナーになるには? 一般的には専門学校や民間のスクールに通ったり、または独学で学んで実践でスキルを上げていく職業なので特に資格がなくても自分の作品さえあれば就職のアピールポイントになります。
DTPデザインスクール開講 えら部のデザインを支える野島奈美と上里ジヤナサン誠によるスクール開講が決定☆DTPデザイナーとして食べていきたい人はもちろん、自分で名刺やチラシなど簡単なものが作れるようになりたい方など、レベルに応じた少人数のクラスで実践で「出来るまで」行います。卒業後、希望者にはお仕事の提供も可能です。
DTPデザインスクール開講 個別説明会 随時受付中!
参加費:無料
※以下「必須条件」をご確認頂き、希望日時をご記入の上
まずは説明会にお申し込みください。
【必須条件】○ワード、エクセルの操作ができる方 ○何か作りたいツールがある方
○ご自分のPCをお持ちの方 ○イラストレーターやフォトショップをインストール可能な方、
またはインストール済みの方 ○どんなソフトでも構わないので、過去に作ったものをお持ちの方
説明会のお申込はこちら スクールのお申込はこちら

講師インタビュー

野島 奈美

Profile
野島 奈美
学校法人KBC学園専修学校インターナショナルデザインアカデミーのグラフィックデザイン科を卒業。
その後、県内の某銀行でデザイナーとして企画やデザインを担当し、チラシ・パンフレット・説明書など、多くの制作に携わる。
退職したその後はフリーランスとして、紙媒体・WEB媒体問わず、多くのデザイン・広告制作を手掛け、現在も活躍中。

【資格】
Illustratorクリエイター能力認定試験 スタンダード級
Photoshop クリエイター能力認定試験スタンダード級
色彩士検定 3級

a

小学5年でデビュー
昔から絵をかくのが好きで、塗り絵や美術が大好きでした。小5で初めてパソコンを買ってもらい、ウィンドウズのペイントで絵を書いて遊んでいました。それをネットにあげると、沢山の人に見てもらえて反応があったり、「私にもつくって〜」とメッセージをもらったり。相手がわからなくても、ただの遊びでも、喜んでもらえることが、とにかく嬉しかったです。

ネットの世界に救われた
中1になると、部活動が忙しく、パソコンに向き合う時間がなくなってしまいましたが、中2の頃、友達との関係が悪化し、学校を休んで家に引きこもるように。それをきっかけに、またパソコンを使うようになりました。高校に行きたくない。やる気も出ない。そんな時に救ってくれたのがネットの世界でした。

野島 奈美

デザインの仕事が忘れられず
親からは「通信でもいいから高校は行ってくれ」と言われたので、通信制高校に進学しました。友達もできたことが嬉しくて、バンドを始めたり、外へ出られるようにもなりました。ライブハウスへ行くと、CD・タオル・Tシャツなど、色んなグッズがあり、これらをつくるのは楽しいだろうと思いました。
デザインの仕事に興味が湧き、専門学校を探したけど、お金にならないんじゃないかと親に反対され、自分も反論できず…。親に大学を勧められたので、大学へ進学することにしました。でも結局は、2年で中退し、しばらくバイトをしてお金を貯めて、22歳でデザインの学校へ入学しました。

修学期間中に仕事で実践を積む
銀行内のデザイナーとして、学校に来た求人の募集に受かり、2年生の7月から出社するようになると、学校にも行かず勤務していました。いろいろな規格の商品がどんどん来るので、ひとりで調べながらやるしかなく、この時の経験はデザイナーとして、とても鍛えられました。初めてデザイナーとして働くので、毎日わからないことだらけでしたが、私の作品を街で見かけるようになって嬉しかったのを覚えています。
今でも、私が制作したデザインを見かけると感動しますね(笑)。特に私がデザインで携わった銀行カードは、持ってる方が多いので不思議な気持ちになります。

野島 奈美

フリーになった理由
その後に勤めたデザイン会社では体調を崩したこともあり、もっと自分を大切にしながら、無理せずに働きたいと思うようになりました。将来は子どもも欲しいので、自分の健康を守りつつ、子育てと好きなことを仕事にし続けるには、今の働き方が合っているような気がします。
親とか身内には、学生時代に不登校で迷惑をかけたので「私が居てよかった」と思われるような、自分のデザインで、少しでも誰かがハッピーになれたら嬉しいです!

a

僕もサポートします

説明会のお申込はこちら

スクールのお申込はこちら

株式会社アークワン スクール情報誌えら部編集部内
DTPデザインスクール事業部
【お問い合わせ】
TEL.098-943-3891 Web:http://www.arcone.jp/ 
住所:沖縄県那覇市銘苅3-2-28